11月 | 2017 | 高岡亜衣 京都の女性書道家

Archive for 11月, 2017

泉涌寺 齋華様 屋号

saika01

先生にご依頼したのは、以前料理を作りながらお話させていただいて、どんな書を書かれるのかなと興味が湧いたのがきっかけです。

その後自分のお店を持った時、一生自分が背負う屋号を決めようと思った時に、真っ先に先生が頭に浮かび、絶対お願いしようと決めました。先生にはご迷惑な話ですよね。すいません。

先生にお料理を食べていただき、今後の自分のあり方、目指すもの、全てをお話させていただき、今回先生に書いていただきました。

完成した書を頂いた時、自分は間違っていなかったと確信したのを今でも覚えています。

しなやかで、繊細で、しかも奥底で力強く、それでいて暖かい。僕にはそう見えました。

これで、先生から頂いて丸3年たちます。
早いものですね(^_^;)

頂いた屋号を大事に、そしてこれからますます色々なところでこの書を沢山の方に見ていただき、この書に恥じぬ仕事をこれからもしていこうと思っております!

齋華 齋藤博人

saika

愛知製鋼株式会社様「鋼」「鍛」「Smart」

aichisteel

高岡先生には非常にご多用の中、弊社からの作品の依頼を快くお受け頂き、ありがとうございました。

また作品を制作するにあたり、弊社の理解を深めて頂くためにわざわざ工場見学までして頂き、「鋼」「鍛」「Smart」の意味するところを現地現物で確認され、それを先生の書に取り込んで頂きましたことを、重ねて感謝申し上げます。

先生の情熱的な作品への取り組み姿勢の結果、我々の想像をはるかに超えた素晴らしい作品に仕上げて頂きました。

先生の作品は、会社で働くものすべてに力を与え、前に向かわせるオーラを感じ取ることができる作品だと思います。社長の私も毎朝出社する際に、この書の前でパワーを頂いております。

先生におかれましては、これからも素晴らしい作品を制作されますことを祈念致します。

愛知製鋼株式会社 代表取締役社長 藤岡高広

aichisteel_2

aichisteel_3


高岡亜衣 お問い合わせ
latestinfo

泉涌寺 齋華様 屋号

saika01
先生にご依頼したのは、以前料理を作りながらお話させていただいて、どんな書を書かれるのかなと興味が湧い […...