12月 | 2013 | 高岡亜衣 京都の女性書道家

Archive for 12月, 2013

高岡亜衣 書道展 大丸京都店 2014年1月8日〜

takaoka1.jpg

エレガントで躍動感溢れる書が雑誌、TV等で注目され、国内外のパフォーマンスも好評の高岡亜衣。
また、作品に丹後ちりめんを取り入れるなど地元の良さを広く伝えるべく丹後ふるさと観光大使としても貢献。独自のスタイルで日々挑戦しています。しなやかで迫力のある高岡亜衣の世界をご覧ください。

高岡亜衣 書道展  ~心が繋がる世界を求めて~

  • 日時:2014年1月8日(水)~2014年1月14日(火)
  • AM10:00〜PM8:00(最終日は午後5時閉場)
  • 作家来場 1月8・9・11・12・13・14日 各日午後1時〜6時
  • ライブパフォーマンス 1月12日(日)午後2時から美術画廊にてライブパフォーマンスを行います
  • 会場:大丸京都店 6階 美術画廊
  • 大丸京都店様ウェブサイト

書道とは? 書道家 高岡亜衣が考える「書道」

profilefoto2

書くことで文字の美を表そうとする東洋の造形美術である。文字は初め、実用として生まれたが、文化の進展につれ美的に表現する方法が生まれた。この美化された文字を書くという書道は人間修養の一方法であり、古来中国では六芸の1つとして尊崇されてきた。

六芸:礼【礼節】 楽【音楽】 射【弓術】 御【馬車を操る技術】 書【文学】 数【数学】

高岡亜衣が考える書道

高岡亜衣は、30年以上に渡って、手本に忠実に稽古を行う書道の技術を学んできた。その上で考えることは「一番大事なのは技術ではなく、感性」という点である。

今どう感じていて、どういう線を書きたいのか?人の生き方が反映されたものが書道だと考える。生き方を育むとすれば、書道の技術を学ぶだけでは表現できない。日々感じることの中で何を表現したいのか?という「想い」に、線の技術が加わることにより、書が生み出されるものだと考える。

高岡亜衣の考える書道とは、白と黒のバランス、感性と技術のバランス。自分の中に生まれるバランス感覚を養い、心を整えることで身体を使った「線」に表現されるものである。

書道教室をはじめたきっかけ

1

 書道教室を始めるきっかけになったのは、あるチェコの女性との出会いからです。当時海外に興味を持った私は京都の国際交流会館のメッセージボードに「書道に興味のある方、お友達になりましょう」と書きました。そして、連絡があったのがチェコの女性でした。

 彼女は真剣に書道を教えて欲しいと伝えてきました。最初私は教えるつもりはなかったのですが、あまりにも熱心だったし、良いきっかけだったので、手探り状態でお稽古を始めました。しかしお相手はチェコの女性。共通の言語は英語でした。英語が堪能ではなかったので、本当に伝えるのに大変でした。

 やっていくうちに、生徒さんが少しずつ目に見えて上達していく様子を見るのが本当に嬉しくなりました。その後、オーストラリア、アメリカ、アイルランド、イギリス、南アフリカ…と教え始めました。

 私は日本の方はもちろん、色々な国の人に書道を伝えたいと想うようになりました。もし書道に少しでも興味をお持ちであれば是非ご参加いただければと想います。

高岡亜衣 京都の書道教室「書楽room」

What is calligraphy ? Calligrapher Ai Takaoka’s thoughts about the « Art of Calligraphy»

History

The expression of the beauty of words and characters in calligraphy is one of the art forms of the Far East. Characters were originally born from utilitarian needs; yet, in the process of cultural development, methods of using them to express beauty emerged.
Writing characters beautifully as calligraphy is a method of human development. In ancient China calligraphy was ranked as one of the Six Arts, namely, respectfulness, music, archery, equestrian skills, calligraphy, and mathematics.

Ai Takaoka’s insights about calligraphy

For more than 30 years, Ai Takaoka has faithfully studied traditional models to develop the skills of calligraphy, yet she has realized that «the most essential aspect is not technique, but sensitivity».

What are you feeling now ? What kind of brushstroke do you want to create ? I think that calligraphy reflects one’s way of life. It takes more than technique alone to create expressive calligraphy if one wants to cultivate a way of living. If one wishes to express feelings emerging from daily life, this intention must be combined with the technique of creating brushwork to produce calligraphy that is fresh and alive.

Ai Takaoka considers that calligraphy is a matter of balance between black and white, between technique and sensitivity. Fostering the growth of a sense of balance involves preparing one’s spirit and employing the body to create expressive brushwork.

profilefoto2

Comment notre école est née

1

L’opportunité de créer l’école est venue par hasard, avec la rencontre d’une femme venant de République Tchèque. A ce moment là, je m’intéressais aux pays étrangers et j’avais repéré au Centre communautaire international de Kyoto la petite annonce qu’elle avait postée. Elle était à la recherche de toute personne intéressée de près ou de loin par la calligraphie, je l’ai donc contactée.

Elle était réellement sérieuse concernant l’apprentissage de la calligraphie, et elle était à la recherche de quelqu’un qui pourrait lui donner des cours. Ainsi, bien que mon intention première n’était pas de devenir professeur, je me suis prise à ce jeu avec grand enthousiasme car c’était une merveilleuse opportunité. Mais cette nouvelle amie était Tchèque et nous ne pouvions parler qu’en anglais. Aussi ça a été parfois assez difficile de communiquer, surtout lorsque l’on touchait à des idées complexes.

Cependant j’ai été très heureuse de découvrir que malgré tout, petit à petit, elle faisait des progrès notables. Après cette expérience, j’ai donc commencé à enseigner à des personnes de plusieurs horizons différents : Australie, Etats-Unis, Irlande, Angleterre, Afrique du Sud etc…

Comme je suis japonaise, je me suis naturellement mise à penser que ce que je voulais faire c’est transmettre l’art de la calligraphie japonaise à toute personne intéressée, qu’elle soit japonaise ou étrangère.
Aussi, n’hésitez pas à nous contacter et venir participer aux cours !

L’école d’Ai Takaoka, Kyoto : « Shoraku Room »


高岡亜衣 お問い合わせ
latestinfo

泉涌寺 齋華様 屋号

saika01
先生にご依頼したのは、以前料理を作りながらお話させていただいて、どんな書を書かれるのかなと興味が湧い […...