書道教室をはじめたきっかけ | 高岡亜衣 京都の女性書道家

書道教室をはじめたきっかけ

1

 書道教室を始めるきっかけになったのは、あるチェコの女性との出会いからです。当時海外に興味を持った私は京都の国際交流会館のメッセージボードに「書道に興味のある方、お友達になりましょう」と書きました。そして、連絡があったのがチェコの女性でした。

 彼女は真剣に書道を教えて欲しいと伝えてきました。最初私は教えるつもりはなかったのですが、あまりにも熱心だったし、良いきっかけだったので、手探り状態でお稽古を始めました。しかしお相手はチェコの女性。共通の言語は英語でした。英語が堪能ではなかったので、本当に伝えるのに大変でした。

 やっていくうちに、生徒さんが少しずつ目に見えて上達していく様子を見るのが本当に嬉しくなりました。その後、オーストラリア、アメリカ、アイルランド、イギリス、南アフリカ…と教え始めました。

 私は日本の方はもちろん、色々な国の人に書道を伝えたいと想うようになりました。もし書道に少しでも興味をお持ちであれば是非ご参加いただければと想います。

高岡亜衣 京都の書道教室「書楽room」

高岡亜衣 お問い合わせ
latestinfo